永遠の愛の証

基礎知識
かわいい女性に人気
キャリアウーマンに
婚約指輪選び
ダイヤモンドの4C
世界にひとつだけの
予算で選ぶ指輪
国内ブランドランク
海外ブランドランク
サイズを調べる
ブランド一覧
妻の母に感心される
定番ダイヤモンド
渡し方アイデア
渡すベストスポット
特別にするアイデア
選ぶときの注意点
選んでからの流れ
喧嘩にならないため
指輪選びに役立つ
指輪選びの体験談
事前リサーチが重要
ファッションから選ぶ
彼女の性格から選ぶ
女子からねだる指輪
お嬢様に人気の指輪
若い女の子に人気の
落ち着いた女性に
都道府県別の相場
雑誌で話題の指輪

女子からねだる婚約指輪

なかなか彼からプロポーズしてもらえないとき、じれったくて自分から言いたくなってしまいますよね。
長く付き合っていると余計にプロポーズのタイミングがなくなってしまって、ずるずると付き合ってしまうことになりかねません。
早く結婚したいと思っているのであれば、女性から動き出す必要もあるのではないでしょうか。
プロポーズを待っているといつまでもプロポーズしてもらえないまま、結婚することができないまま時間だけがすんでしまうようなこともあります。

最近は草食系と呼ばれるおとなしい男性が増えているのですから、女性がリードしていかなければならないこともあるのです。
女性は結婚してというのも強引ですし、逆プロポーズもロマンチックではありません。
彼にプロポーズして欲しいと思っているのであれば、婚約指輪をねだってみてはどうでしょうか。
あからさまに「婚約指輪が欲しい」というのもおかしいので、それとなしにそのような雰囲気を漂わせましょう。
男性はプレッシャーを感じるかもしれませんが、動かない男性にはそれくらいの刺激を与えなければなりません。

例えば買い物の途中何となくジュエリーショップに立ち寄り、指輪を一緒に見てみるとか、友達がこのような婚約指輪をプレゼントされたとか、そのようにして気持ちを遠まわしに伝えていくと良いでしょう。
どれだけ鈍感な人でも、長く付き合っているのであれば彼女の気持ちを理解してくれるはずです。
サプライズで婚約指輪を渡されたいという女性もいるでしょうが、婚約指輪には思い入れがあるので自分で選んでいきたいと考えている人もいるでしょう。

彼にプロポーズされたり、そのような雰囲気があるのであれば、婚約指輪は自分で選びたいという気持ちを伝えておきましょう。
せっかく高い買い物なのですから、失敗されてしまうと大変ですよね。
最近は、婚約指輪を女性側からねだることも増えているようです。
これも、草食男子が増えていると同様、時代の流れではないでしょうか。