永遠の愛の証

基礎知識
かわいい女性に人気
キャリアウーマンに
婚約指輪選び
ダイヤモンドの4C
世界にひとつだけの
予算で選ぶ指輪
国内ブランドランク
海外ブランドランク
サイズを調べる
ブランド一覧
妻の母に感心される
定番ダイヤモンド
渡し方アイデア
渡すベストスポット
特別にするアイデア
選ぶときの注意点
選んでからの流れ
喧嘩にならないため
指輪選びに役立つ
指輪選びの体験談
事前リサーチが重要
ファッションから選ぶ
彼女の性格から選ぶ
女子からねだる指輪
お嬢様に人気の指輪
若い女の子に人気の
落ち着いた女性に
都道府県別の相場
雑誌で話題の指輪

ダイヤモンドの4Cは知っておこう

婚約指輪や結婚指輪には、ダイヤモンドがついていますよね。
ダイヤモンドはとても硬いので、2人のきずなを固くするという意味が込められています。
婚約指輪や結婚指輪を選ぶ場合には、ダイヤモンドについてもある程度理解しておく必要があるのではないでしょうか。
ダイヤモンドについて理解することで、より良い婚約指輪や結婚指輪を選んでいくことができるのです。
とても高価で人気の高いジュエリーなので、知っておいて損はないです。

ダイヤモンドの4Cは、ダイヤモンドにおいてとても基本的なことなので、知っておきましょう。
4Cとは、カラット、クラリティー、カット、カラーのことです。
これらをあわせて4Cと呼びます。
これらのレベルにより、ダイヤモンドのレベルが変わると言われており、ダイヤモンドのレベルがあがるごとにダイヤモンドの価格が高くなると考えられています。
まずカラットですが、これはダイヤモンドのです。
ダイヤモンドが重ければ重いほどカラットの数字が大きくなり、ダイヤモンドとしても価値が出てきます。

クラリティーとはダイヤモンドの透明度のことです。
透明度が高ければ高い程希少価値の高いダイヤモンドということになり、値段も高くなってきます。
カットは研磨の方法です。
ダイヤモンドはもともと、磨りガラスのような原石です。
それがカットされることで、あのように光輝くダイヤモンドになるのです。

カットの方法によりダイヤモンドの輝きは大きく変わるので、カットの種類にも注目しなければなりません。
カラーとは赤色、青色、ピンク色などを表しているのではなく、どれくらい黄色っぽいかを表している言葉です。
黄色が強い程、ダイヤモンドとしての価値が落ちると言われています。
ダイヤモンドの4Cはダイヤモンドの基本的なことであり、より良いダイヤモンドが欲しいならばそれらを追求していく必要があるので、覚えておかなければなりません。
婚約指輪も結婚指輪もお金ではなく気持ちですが、それでもやはり質の高いものならば女性も嬉しいですよね。